イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

常磐線線路の設置へ

小川の製作も最終段階です。浅瀬にして流れる水量を少なく、せせらぎの雰囲気が出せれば、とやってみました。


両岸の水際に小石を置き、川の中央にも浅瀬を強調するように小石を置きました。なかなか うまくせせらぎが出せませんが、小川製作はここまでとします。
つぎは土手の上を走る常磐線線路の設置です。


まず小川に鉄橋を架けるところからです。土手の切り欠き面に橋受けを設けました。コンクリート製の橋受けが切り欠き面から出ている状態を想定してます。


鉄橋を厚紙で作りました。下面はアングルで組み立てるのがふつうですが、たいへんなのでパンチ穴構造にしています。


土手にセットし、上にフレキシブル線路を置いてみました。橋受けも自然な感じに見えますのでホッとしました。


鉄橋と線路の枕木に色塗りして再度セットしたところです。


同状態を真上から撮りました。今にして思えば、鉄橋の幅が狭かったなあとこの角度から見るとわかりますが、ふつうは ほとんど斜め横からみるので そうは感じません。


つぎにバラストを撒きました。いよいよ線路らしくなってきました。


線路の脇に架線柱を2本立てました。鉄橋部分にもガード線路を敷きました。ここまでどうにか来たなあという感じです。
さあ、ラストスパート。次回から小川堤に桜並木を植えていきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。