イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

大仏の高徳院境内 ②

きょうの日曜日は、退職した会社の 年1回のOB会(今年は150名の参加)でした。8年間の世話役に終止符を打って、やれやれといったところです。ジオラマ製作が「静」なら、きょうは「動」です。この ”2面”って大事ですよね。


準備中の会場です。 去年は、翌日台風襲来の中、強硬して結果オーライの離れ業も。
話を戻して、「高徳院」境内の製作をつづけます。大仏が鎮座する面の色付けからです。


平石が敷き詰められた状態を、マイナスドライバーの線引きと薄茶系の色で再現しました。中央部分は大仏の台座を置きます。


右横に並べるモジュールとの連続性から、草色シートを貼り付けました。その中間部分には後ほど階段を設置します。


大仏が座る面の周辺作業です。コの字型の回廊の通路を厚紙でつくり、1段下がった周辺の地面を色付けしました。「吉屋信子記念館」への小径に 階段をバルサ材で設置。


左側はかなりの段差があり、グリーンマックスの石垣Bを使ってみました。また構造上、ここにも階段をつくり、“裏の出入り口”として進めます。


つぎはパウダー撒きです。草色パウダーを左端などに、灰色パウダーを「仁王門」を入ったスペースに撒き、1日置きました。


石畳の通路を厚紙で作りました。「仁王門」を入って左折して「拝観受付」を済ませる想定です。スペースがないため苦肉の策です。


大仏を囲む回廊の柱を設置しました。


大仏の台座まわりに枠を設けました。現地の写真を頼りに進めています。


さて、ネットからのこの写真で、大仏の左側に4つの平らな石が等間隔に並んでいますが、大仏を風雨から守るための大仏殿の「礎石」だそうです。災害で何度か倒壊し、再建されるも津波で流されてから露座になっているとのことです。


ここは忠実に再現‥。「礎石」を置いたことで、大仏の周囲が写真と比べ  かなり狭くなった感じです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。