イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

ダム建設のエリアへ 橋梁製作

大型連休も後半にさしかかりますが、相変わらずの謹慎生活です。運動不足解消のため、毎朝1時間のウォーキング(途中の公園で体操/太極拳)を続けています。


ここはダムから10kmほどきた箕面川の流れで、左に広がる公園の中にはテニスコート、野球場、武道館などがあり、ウォーキングで立ち寄る場所の一つです。


さて、今回からダム建設のエリアに入ります。黄色のワクの部分です。


詳細図面を書かない性格で、その都度細かく作り込んでいくタイプなので、今回も現物合わせで進めていきます。三角形のダム擁壁の手前にガーダー橋を渡る線路を敷設し、背景の部分は森林地帯で覆われる感じです。貯水地の水面も一部ですが作ります。


まず基本ベースを作ります。スチレンボードの下に木板を貼って強度を持たせ、ダム擁壁部分は切り欠いています。


ウラから見るとこういう構造です。空間のスペースに電気制御パーツを収納するために広くとりました。


線路を敷設するための道床から取り付けました。


道床に線路をクギ打ちしました。ダム擁壁の切り欠き部分はガーダー橋を線路の下に設置する予定です。


去年のジオラマ(写真上方)との線路ジョイントの部分です。この部分の去年のジオラマ側レールは完全に水平にはなっておらず、2~3度くらい傾斜しています。


つまり今回の道床も2~3度傾斜して敷いています。ジョイント部で双方のレールが凸面にならないように気を使いました。


橋脚の両側の基礎台座部分をボール紙で化粧しました。台座から7㎜ほど出た木板部分はガーダー橋を受ける部分です。


さてガーダー橋の構造ですが、ネットから拝借したこの写真に魅せられ、中央のトラス組みの構造を参考にすることにしました。といっても自作するには根気が必要で、何か代用するのもはないか探します。
(写真:磐越西線の一ノ戸川橋梁とSLばんえつ物語号)


ホームセンターを物色していると、こんなネットシートを見つけました。ナナメにカットするとトラス構造のイメージになるので、1m✕10cmだけ買ってきました。


レールを直接受ける「渡りレーン」も探しました。写真左は強度があるALレーン、中央はマホガニー材5X5㎜、右は3X3㎜の木材。ALレーンはスキマがなくなるのでトラス橋らしくないため、マホガニー材を採用することにしました。強度もあります。ただ少し湾曲しています。


写真上側のような組み合わせを試作しました。どうもニュアンスがちがう。前述の「一ノ戸川橋梁」の写真をよく見ると、垂直に張ったアングルが必要とわかり、写真下側の構造としました。強度があるトラス橋に見えてきました。


ネットシートの下側を受けるレーンを3X3㎜木材で接着し、箱状の形にしました。上面はマホガニー材が歪んでいるので、修正のスペーサを部分的に貼っています。


ウラ返しにして底面から見たところです。底面もネットシートを貼り付けています。


「一ノ戸川橋梁」の構造とは違いますが、けっこうイメージに近いトラス橋ができました。色塗りして鉄骨構造らしくなるのを期待しています。


本来の位置にセットしてみました。つぎはダムの擁壁や貯水池などをします。

ビジターセンター周辺の緑化④

唯一つづけていた毎朝の体操/太極拳も中断の連絡が入りました。これで私のまわりの全ての行事が消えて、個人的な畑とジオラマだけです! 早朝の1時間ウォーキングをメニューに加えました。我慢、我慢の生活がつづきますね‥。


さて ビジターセンターを中心としたブロックも、トンネル工事を残すだけとなりました。高低差が際立ったブロックで、断崖が圧倒的に迫ってくる感じが出せたか気になるところです。


この部分をトンネル化します。手前をスチレンボードで覆って断面にするので、平坦になるように凸部を削っています。


ボードで断面をつくり、トンネル上部はスタイロフォームでなだらかな地面にしました。


トンネルポータルは例の石積みシートを使います。表面の"ふわふわ"を取る作業です。写真は半分取った状態です。


入口に貼り付けました。化粧ひさしも付けました。


手前の断面を、統一している茶色で塗装し、上の地表面もローアンバーで着色しました。


地肌を緑化、植樹してトンネル工事完了です。


トンネルの反対側はどうなっているかというと、左側にセットするブロックの地下駅がよく見えるように垂直な空間を設けています。この部分の断面も茶色に塗りました。


これでビジターセンターがあるブロック全体の完成です。


ブロック全体を右方向からのビューです。


同様に、左方向からのビューです。
さてここからは、昨年製作のジオラマとの"つなぎ"作業に入ります。線路同士のジョイントが2ヵ所あるので、慎重に位置決めして進めます。


収納ケースから昨年のジオラマを取り出して手前に並べました。


左のブロックが昨年の作品「ゆずる鉄道」、右が現在進行形です。


写真の手前、線路のジョイント部(赤丸)を合わせて確認していくと、箕面大滝の源流の流れ(黄丸)がどうもおかしい? 合ってない!!


なんということか!! 約4cmズレていました。確実に採寸してつくってきたはずですが、なぜこうなったかわかりません。歳のせいにしておきます。


作業はそれほどむずかしいものではなく、流れを塗り変えるだけです。樹木の形を多少変え、地面の凹凸を修正し、流れが急に鋭角になりましたが修正完了しました。


大滝に流れ落ちる感じも自然になりました。


次回はビジターセンターブロックの後方のエリアをします。山を駆け上がった線路が、ダムの横を通過する情景です。

ビジターセンター周辺の緑化③

ビジターセンター周辺を緑化する前に、2、3の作業をします。


写真のマル部分です。階段を上がると脇道との高低差があるので、安全柵を設けます。


手頃な柵があったのでセットしました。色を加えなくてもマッチしてますので、このままにします。


つぎは 絶壁の下の平面をどうするか迷ったのですが、少し変化をつけるため、雑草を生やすより大小の岩石を敷くことにしました。


ちょっと置きすぎかもしれません。あまりフイットしてませんね。絶壁の色と石の色が違い過ぎるのかも? とりあえず次に進みます。


ちなみに、ビジターセンターとの落差は14cm(21m相当)あります。ビジターセンターの南側には樹木も植えて、これからどんどん周辺を緑化していきます。


5種類の葉っぱの材料で、いつもの広葉樹を大量生産する作業を始めました。


まず車道の北側です。


つづいて、車道南側も植えました。センターの西側も。


東南からの眺めです。


ここで センターの屋根も、山小屋風にしてみます。


小石や緑色パウダーなどを撒いてみました。


山中にある建物になってきました。


つづいてセンターの裏手の山肌にも植樹しました。


箕面川の源流に沿っても植え込んでいきます。この写真の段階で大小の樹木を37本植えたことになります。


山肌の残りの部分を植樹する前に、決めておくべきことがあります。箕面川の源流の"始端"です。ダムから流れ出ているのですが、その地点をどういうカタチにするのか。当初、ダムの擁壁から流れ出ると考えていたのですが、方針変更。写真のマル部分からトンネルを通って流れ出るようにします。


ここまで整地してきた山肌に穴をあけてトンネルを作ります。石膏の白い粉があらわになって糸くずも出てきました。


厚紙でワクを作って穴に入れ、写真右側の水流の凹形状部分を紙粘土で埋めてなだらかな山肌に戻していきます。


修正を終えた外観です。箕面川の源流はこの地点から始まることになります。
ジオラマの完成時は、このトンネルの上を阪急電車が通り、その奥にさらに高い山肌を築いていきます。


ところでこの源流ですが、ターナーのアクリルガッシュで塗っていますが光沢がなく、水面のキラキラ感がなく、水色もドぎついので修正します。


常時使っている木工用ボンドを水面に筆塗りしました。


そこに少し落ち着いた色を重ね、周辺のコントラストと馴染むようにしました。


源流の始端(トンネル出口)の平らな面もおだやかな色になりました。


つぎは線路に沿うように立ちはだかる、谷間両側の2つの"壁"のドレスアップです。


まずは写真の壁です。手前のシートを貼ります。が、このシートをつくるのに1つ問題が発生しました。


ネット注文していた現品は、品番は同じでも色が違うし、表面の仕上がりも違います。
(黒っぽい方)家にあった残材で、表面もスベスベしている
(今回入手分)表面がケバケバしていて、こすると白い粉がどんどん剥がれていく。
それでも使うしかないので、表面を徹底的にこすって地肌を出しました。そして適当にヨゴシをつけて前述の写真になりました。品番が同じなのにどういうことか?長期間在庫だったのか、製作工程を変えたのか、わかりません。


シートを取り付けて、1つの石積みは完成しました。もう1つの壁は自作します。


右側の壁です。3㎜tのスチレンボードを採寸して貼り付けていきます。


いつもの作業です。細いマイナスドライバーで石のカタチに溝を付けていきます。


黒をうすめて溝に浸み込むように塗ります。


乾いたら表面を灰色でなでるように筆塗りし、適当に緑色パウダーを撒いてできました。


2つの石積みが仕上がりました。


つぎはこのブロック最後の工程で、車両が通過するトンネル工事です。