イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

“ころたん”という名のメロン

2ヶ月ほど前、娘が「ころたん」という名前のメロンの苗を1本だけ買ってきました。「私も畑に何か植えたい」と言ってホームセンターで見つけてきたもので、ふつうのメロンより小ぶりで鉢植えで可能、との説明書きがありました。


「花が咲いてから40~50日、濃い黄色になったら収穫」 とあるので、畑に植えて気長に待っていました。


3週間も経つと、畳1帖以上に広がり、黄色い花が咲き、順調です。直径5cmほどになった実も数個できて、楽しみも倍増。
「あまり実をつけすぎると枯れてしまいます。7~8個にしてください」と説明書きにあるので、適当に摘心して様子を見ていました。


それから2週間ほど経って、できた実を数えると20数個ありました。7~8個をはるかにオーバー。ヤバイと思いつつ、大きなものから残して12個までとし、あとは全てカット。この状態で黄色に熟するのを待とうということになりました。大きいものは黄色に色づき、表面もネットの模様が出てきています。


ところが数日後、それは突然来ました。勢いよく伸びていた葉は全部しおれて地面にペターッとついていたのです!! あまりのショックに写真も撮れませんでした。無残すぎます。血の気が引くとはこのことです。急にコロッときました。だから「ころたん」か!
説明書きにあった「実が多いと枯れます」が現実になって、帰って娘になんと話そう‥。


気を取り直し、せめて大きい実だけでも持って帰ろうと、6個採ってきました。家で熟させたら食べられるかもしれない。 1週間経ち、1つを切ってみました。ちっとも甘くありませんでした。それからまた1週間、今度は少し甘味があり、メロンに近づいた感じです。写真は残りの3個です。


この話を友人にしたら、メロンは地植えはむずかしいそうです。ウィルスが入ってしまったらもうダメらしいです。テント内できちっと管理が必要とのこと。


残りの3個、来週あたり もっと甘くなっているかなあ‥‥

土手に草を生やそう 2

パウダーを茶こしで撒いて草を生やしたあとの修正は、下の写真のようにグラスをピンセットでつまんで修正箇所にボンドで接着していきます。パウダーとグラスの色がほぼ同じなので違和感なくできます。

土手の斜面のつなぎ目のエッジ部分を、グラスを乗り出すように接着していきました。相手側(江戸川ユニットの土手の斜面)も同様にしました。


【修正前の つなぎ目状態】


修正後の状態です。まだ “線” が出ていますが、だいぶ修正されました。階段も設け、案内板「野菊の墓 文学碑 ➡」も設置しました。なかなかいい感じになってきました。


ちなみに、ふたつのユニットを分けた状態です。もっと草木が生い茂っている部分で分ける方がつなぎ目がわかりにくいのですが、このレイアウト構成では、この斜面あたりかなと当初決めた次第です。


常磐線が走る土手の斜面もパウダーだけではアラが出ているので、グラスを置きます。


光の角度で グラスを貼った部分がよくわかりますね。


2つのユニットのつなぎ目調整も終わったので、つぎは畑の中を流れる小川(写真の右側方向)の製作に移ります。

土手に草を生やそう

畑一帯を2方から囲んでいる土手に草を生やします。この作業で最も大事なのは、「江戸川ユニット」と「畑ユニット」のつなぎ目です。土手の斜面につなぎ目がくるのですが、目立たないように草を絡ませていく必要があります。


土手に草を生やす前に、江戸川と畑の各ユニットをまず並べてみたところです。つなぎ目にスキマや段差があるのがわかると思います。


写真の右側のビンにあるパウダーを使って土手全体に撒きます。


茶こしを使って2方の土手にパウダーを撒き、2つのユニットを合わせてみました。当然のことですが、スキマや段差がそのまま出ています。このつなぎ目がわからないように、前述写真の左側のビンのグラスやフォリッジを使って加工していきます。


その前に、草パウダーを撒いた作業のついでに、メイン道路の両側に沿って、同パウダーを撒きました。もう少し雑草を生やしたほうがいい雰囲気なので。
次回はつなぎ目の修正です。