イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

箕面川の製作 ②

箕面川を製作中です。瀧安寺の本棟側のブロックと別棟側のブロックに挟まれた凹形状の断面が曲りくねって川となっている部分ですが、完成後も両側のブロックがいつでも分離できるような構造にしています。作りやすさ、メンテのしやすさを考慮しています。


上図が箕面川の下流域の断面図です。最終的には①~⑦のパーツが本棟側に接着されて一体となり、右の別棟側にスライドして合わせる構造です。
①まず川底ベース(5㎜tスチレンボード)を本棟側ベースに接着します。
②石積み(3㎜t同)を本棟側に接着します。
③小石類と④支柱(5㎜h)を川底に適当に置きます。
⑤半透明の水色シートを⑥なみいたくんに接着し、それを④支柱の上に載せて接着。
⑦小石類を⑥なみいたくんの上に適当に載せ接着。
以上を順に写真で説明します。


昆虫館/瀧安寺本棟のあるブロックのベース部分です(既載)。


川底ベースを本棟側に接着しました(既載)。


石積みをその上に貼り合わせ接着固定しました(既載)。


川底全体を着色しました。下流にいくほど深さがあるので濃くしています。


なみいたくんをカットしました。


なみいたくんを支える支柱をつくり、適当なところに置いていきます。


小石類も散らばらせました。この付近は水深70cm(ジオラマで5㎜深さ)ほどがつづいています。


上流域は水深もなく、なみいたくんを直接貼って小石類を載せました。水流を白筆書きしています。


水深のある下流の方は、なみいたくんを載せて真上からみると深さが感じられないので、少しボカすことにしました。


半透明の水色ビニールシートを間に入れることにしたんです。


水色シートを挟むことで水中の小石がボケて前より良くなりました。雲のように見える部分は接着剤が乾ききっていないためです。


なみいたくんの上に砂利や小石を載せました。写真の部分は、浅瀬から徐々に深くなっていくところです。


この辺りは水深が一定しているところです。


以上、本棟側に川のパーツを一体にした全体写真です。次は対岸の石積みです。


D地区(瀧安寺別棟側)の川筋にも同じ方法で石積みをつくり、下から5~8㎜空けた位置から貼り付けています。B地区と一体になった箕面川の川底が入り込むようにしています。


ここで留意したことは、写真にある駅前の踏切部分です。駅から降りた客が踏切を渡って橋を渡り 滝に向かうのですが、遮断機を自動制御するためのサーボモータをベースに埋め込む必要があるので、石積みをベースに接着固定できません。


やむなく、箕面駅ホームのユニットと接する9cm長の部分に石積みをしっかり接着しました。


つまり、踏切と石積みに挟まれた道路を取り外しできるようにしました。


B地区(本棟側)をD地区(別棟側)にスライドして定位置に持ってきました。やっと完成したブロック同士が一つになりました。 川に沿って見ていきます。


滝つぼから出た流れは速度を増して中流域の段差に入り、


水深のある下流へ流れています。


目線を下げて撮りました。ここから見ると、滝道、水面、軌道、境内、それぞれの高低差がよくわかります。
ここまでで、レイアウトにかかわる重要な作業は終了です。次回は山のウラを通る山間線の敷設をしていきます。

箕面川の製作 ①

「箕面市民展」の搬入までちょうど1ヶ月になりました。かなり追い込んでやったおかげで、メドが立ってきました。4つのブロックを1200✕450のスタイロフォーム上に集約して、最後の箕面川を作り上げていく工程です。


概略図の中央の白い部分を前回作りました。写真右方の山の断面は既製品の石積みシートを貼っています。


反対方向から見た写真です。山のすそ野がつながりました。


さて、今までに作った4つのブロックは私の机の後ろにこのように新聞紙で覆って置いています。もちろん防塵のためです。1年がかりの作業なので気をつけています。


新聞紙を開けるとこんな調子です。箕面川の川底は地上から1~3cm下がってますので、3cm厚のスタイロフォームの上に4ブロックが載った状態です。


箕面川を仕上げる工程に入ります。右方の傾斜した川底は3tスタイロフォームで一体で作っています。まず「B地区(昆虫館/瀧安寺)」の石積みです。


石積みを作る前に、水平の川底を5tスチレンボードで現合で切り上げ、


B地区に接着しました。この上に石積みをつくっていきます。


石積みは、3tスチレンボード表面をマイナスドライバーで切り欠き、薄い黒で浸み込ませ、

表面を灰色で塗りました。部分的にパウダー、フォーリッジを付けています。


スチレンボードは3㎜厚なのでS字カーブにするには裏側に多くの溝をつくり曲げやすくしました。


実際にS字にしてブロック側に当ててみると、当初の寸法と合わず、現合作業しました。石積みが垂直に立っていれば簡単なんですが、5°ほど傾いていることとしたので、ブロック側に貼り合わせるのに苦労しました。


写真左側矢印部は切りすぎで隙間ができ、右側矢印部は5°の傾きを確保するために切り欠いた部分の痕です。


パウダーなどで修復しました。


B地区全体の石積みを完了しました。次は川底をつくります。川底には従来から使用している「なみいたくん」を川面に貼っていきます。


傾斜面の川底部分に紙を敷きました。途中2ヵ所に段差を設け、水が流れ落ちるようにします。見ると ちょっと段差が小さいみたいですが、これでいきます。

同期会10周年で姫路/赤穂の旅

長年勤めた会社を定年退職して、同期入社のメンバーでつくったOB会があります。もう40回を超える"行楽/飲み会"がつづいています。会の名前は昭和46年入社なので「46(ヨンロク)会」。一人故人になり、現在9名です。会発足10年の節目に1泊旅行をしてきました。参加は大阪在住の6名です。行き先は、姫路城、圓教寺(えんぎょうじ)、播州赤穂の3地区です。旅行の目的の1つは、"深堀り"です。姫路城と赤穂はボランティアガイドをお願いし、圓教寺では座禅/法話体験しようと計画しました。


写真はJR姫路駅を出たところにある「展望デッキ」からの眺めで、ガイドが案内してくれた通り、姫路城がビル群をはさんで大通りの向こうに鮮やかに見えました。


姫路城に入る前に、5階建てビルの屋上に案内され、城の全景が一番よく見える場所がここです、との説明。


姫路城は大手門から入り大天守に上がるコースが一般的ですが、今回は外堀りを反時計方向にぐるっと案内してもらおうとお願いしました。写真は東側からの天守で、このアングルが新鮮です。


城のウラ側に位置する「兵庫県立歴史博物館」です。なんと壁面のガラス窓に姫路城が映る構造になっています。この建物は丹下健三の設計とのこと。建築家のアイディアはすごいですね。


つぎに訪れたのは「圓教寺」です。書写山(370m)山上にあり、3つのお堂が実に荘厳でした。一切色塗りがなく、木材の自然の枯れた色が重みを感じさせます。「ラストサムライ」や「軍司官兵衛」のロケ地でも有名だったので一度来たいと思ってました。


小学校の生徒たちが「写経」に取り組んでいました。


3方を囲むように伽藍が配置されており、写真の常行堂(じょうぎょうどう)で座禅/法話体験ができるのですが、腰痛を持っているのが2名いたためスルー!


「かんぽの宿赤穂」で1泊しました。ロビーから瀬戸内海が一望。夕食のビールのうまかったこと!でも二次会は年相応に1時間程度でお開きに‥。


翌日は赤穂見学です。ここでもガイドをお願いして"深掘り"しました。写真の「花岳寺(かがくじ)」は浅野家の菩提寺で、赤穂義士の墓があります。


赤穂の城下町は江戸時代、井戸水に海水が含まれて生活水が確保できず、山から水を引き、地下配管で網の目のように供給していた、とのことで びっくりしました。


赤穂城跡の入口で。
2日間とも快晴に恵まれ、湿度も低く、初秋を満喫しました。


さてジオラマの方ですが、概略図中央の白い細長いエリアの製作です。


現合でスチレンボードを切り継ぎして細長い形状をつくり、その右端は山容の終端にあたるので、スタイロフォームを乗せました。


全体を茶色に塗り、ツナガの石積みシートで壁を覆いました。


草色パウダーを撒きフォーリッジを適当に置いて、この細長い部分も終了です。
これからは箕面川下流の製作に移ります。