イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

江戸川 エリア の製作

江戸川エリアの製作にあたり、まず小物の渡し舟と取水塔を作りました(既述)。これからはジオラマのベースとなる土手や河川敷の製作に入ります。
なにせ江戸川流域の対象範囲が広いので、ポイントとなる構造物、地形などをギュッと集合させて作り込むことになりますが、ゆっくりマイペースでやっていきます。
まず、全体の配置図からです。


図の左岸が実家のあった東京都葛飾区です。小学生のころは国鉄の時代で、常磐線が江戸川を渡っていましたが、その軌道を設置しようと思います。複線にすると誇張される感じなので単線にします。常磐線に平行して国道6号線が江戸川にかかっていますが、小学生のころはまだありませんでした。今回もナシでいきます。河川敷の様子は当時のイメージです。今もほぼ同じです。対岸の方は、今でもあるゴルフ場が土手沿いに帯のように広がっています。こんな配置ですすめていきます。


ベースの大きさは450✕500mmで、配置の輪郭を鉛筆書きしました。これに沿って河川敷をスチレンボードで、土手をスタイロフォームで作りました。


カッティングした状態の河川敷と土手です。土手の高さですが、既製の取水塔の通路の高さと合わせるため、30mm高さとしました。
さて、このエリアの大きな部分を占める江戸川ですが、水面をどう表現するか。水面製作のテクニックがあるわけでもないし、本格的に作るとなったら具材と時間が相当かかる感じです。ネットで調べていたら便利グッズを見つけたので、試しに購入してみました。


「なみいたくん」で、素材はPET、0.25mm厚、280✕280mm、2枚入っていて微妙に波の表現が違いますが、これでもいいかな‥と。ただ、江戸川のタテ方向が450mmありますので、2枚必要で、合わせ部分の線が見えてしまうのがとても気になります。


青い色紙の上に「なみいたくん」を敷き、河川敷と土手、小舟、取水塔を置いてみました。光の角度によって水面の様子はグッドです。
つぎは河川敷・土手の表面製作です。




テレビで紹介の「柴又散歩」

きのうのテレビ番組「羽鳥モーニングショー」で、実家近くの 柴又の様子が放送されていました。江戸川・矢切の渡し、川甚(料亭)、草だんごなど なつかしい内容に、すぐさま録画のスイッチを押し、そしてきょうのブログアップになりました。番組の中では、石原良純が柴又駅からスタートし、矢切の渡しまでを散策する内容です。
「矢切の渡しに乗船したが、向こう岸は田畑以外なにもないから みなさんすぐ引き返します」と石原氏は語っていましたが、その奥の「野菊の墓文学碑」まで行ってみるのが散策マニアなのに!と私は一人 悦に入っていました。
若いころの思い出などを絡めて番組内容を少し紹介します。


まず私の実家ですが、この地図、柴又のすぐ上の「金町」というところです。京成金町駅の次の駅が写真にある柴又駅です。


まず驚いたのは、金町~柴又間に、「人車鉄道」という 人力で車両を押して営業していた路線があったということです。明治の中ごろの話です。電気軌道が普及していくまでの10~20年間、人車軌道が全国で活躍していたらしいです。鉄道ジオラマを作っている私ですが、知識のなさを思い知りました。


「高木屋」というお団子屋さんの名物・草だんごは、初詣などで柴又を訪れたときはよく買って帰りました。大阪に移ってからも、実家に帰省した際にはオヤジが自分で草だんごを買いに行って、「みやげだ」とよく手渡してくれました。


次は「川甚(かわじん)」です。老舗の料亭で、部屋からの江戸川の眺めは格別です。写真の中央あたりに「矢切の渡し」の発着場があります。夏目漱石、尾崎士郎、谷崎潤一郎なども川甚に来たそうです。我々は いつもはこんな料亭に行けませんが、私の実弟の奥さん・ご両親と、我々両親一家で 食事会をここでした思い出があります。


そして石原氏らは最後に「矢切の渡し」に乗船してました。片道200円、土日のみ営業です。向こう岸に渡り 土手に上がると、その先に広大な畑が広がっています。石原氏のクルーはその土手まで上がって広い田園風景を見たんでしょうか?
いずれにしても、数10年も行ってない江戸川の今が少しわかって、思いがけない番組に感謝です。江戸川のジオラマづくりに拍車がかかるといいのですが‥‥。

取水塔の製作

「矢切の渡し舟」の製作のあとは、‟江戸川の とんがり帽子” といわれる金町浄水場の取水塔を作ります。実家を出て江戸川の土手に上がると、いきなり飛び込んでくるのがこの取水塔です。土手を上がった正面にデンと構えています。取水塔に行く通路の入口にはもちろん進入禁止の看板がありました。

左の写真(ネットから拝借)には手前と奥に2つの取水塔が映っていますが、今は手前のとんがり帽子のみになったらしいです(ネットからの情報)。矢切の渡しはこの塔から150mくらい先(下流)に位置します。


さて、製作には1mm厚程度のボール紙が加工しやすいので、帽子までの高さ12mと想定して4つのパーツをまず切り出しました。本体、回廊、屋根、帽子です。進入通路は土手部分を作ったあと製作することにします。


屋根に帽子をのせてみると、スキマがかなり目立ちます。帽子を作ったあとなのでハサミやカッターでエッジ部分を直線にすることがなかなかできず、苦肉の策で対応します。


0.5mmΦの銅線で一周を覆うことにしました。実物とは違いますがスッキリしてOKです。


各パーツを仮組みしてみました。このとき わかったのですが、とんがり帽子がやけに大きくなってしまいました。現地写真と比べると一目瞭然ですが、雰囲気は出ているので、このまま進めます。


次は、本体を周回する回廊の手すりの製作です。現地写真からは構造がよくわかりませんし、若い時の記憶もないので、製作しやすい方法でと いろいろ試して、やっとできました。下記の図で説明します。


次の写真は、いろいろ試行したときの部材です。


上の図のように、採用した形状で製作した現品がこちらです。

手すりというよりガードレールといった感じになってしまいました。このくらいが私の能力の限界です。一部にガードのない部分がありますが、土手から通路を通って取水塔に入るための開口部です。


帽子に避雷針を立て、本体の下まわりに銅線で細工をし、着色して完成しました。改めて現地写真と比べると、どっしりとした重量感が伝わってきません。‟おとぎの国のお城” ですよね! やっぱり大きな帽子がまずかったわ‥‥。