イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

市民展への準備 ④

今度は「A地区」にフィギュアを置いていきます。通販で注文したフィギュアは すべて在庫ありだったので、2日後のきのう到着。


さっそく開封。フィギュアが6種類、自動車が1種類です。歩行者、座る人々、学生、佇む人々、お寺の人々、歓楽街の人々、そしてクラウンの乗用車です。


まず工場の敷地から。フィギュアを置く前に、南側の塀が殺風景で 植樹することにしました。


塀の内側に植えました。


塀の外側の極楽寺へ行く道に 学生のカップルを配しました。後ろ姿、なかなかサマになってますね。このユニット単体にして撮れたアングルです。


工場の敷地内には、4人の作業者が仕事しています。パレットに通い箱を乗せている人、台車を扱っている2人、工場から出てきてそれを見守っている管理者です。


工場入口の道路に2体の通行人を配置しました。かまぼこ型の山のユニット単体にして配置したので楽にできます。工場側ユニットを並べてあると なかなか配置できない場所です。

T字交差点には郵便配達のバイクが坂道を下りようとしています。


先ほどの学生カップルが向かう先は極楽寺です。山門で犬に話しかけながら掃除している坊さんがいます。巡礼者も近づいてきました。 
つぎは極楽寺駅です。


駅舎の入口風景です。切符を買う人、降車して改札口を出る人、階段に座り談笑している女学生など、自然な感じの ”にぎわい" が出たかな?


駅舎の道路側には、自販機で買う人や電話ボックスに向かう人がいます。駅前駐車スペースには黒のクラウンがデンと構えています。ここは軽自動車が似合うところですが、注文した自動車は6台全てがクラウンの同型・色違いでした。


駅ホームにも電車を待つ客3体、ホームを下りようとしている1体、それに車掌1体です。女子学生は2人の方が華やかなので多用しています。


これまでのところの全体です。つづいて「A地区」南側にフィギュアを置きます。


江の島に6人配しました。ベンチに3人も置くと、“安らぎの島”の感じです。連絡橋にも1人いるのは橋の存在感が出ていいと思いました。


望遠的に撮るとまた表情が変わりますね。


島に向かう人が本土側に1人いました。


国道にもクラウンを走らせました。脇の歩道には3人歩いています。


最後に、展示会場からはデッドゾーンの成就院山門とその階段ですが、ここにも巡礼者を配置しました。


巡礼者の前にも ”あじさい階段” を下りる人がいます。
以上、フィギュア配置作業終了です。

市民展への準備 ③

市民展への搬入があと10日に迫った今回、手持ちのフィギュアを置くことにしました。TOMYTECのジオコレ「ザ・人間」シリーズです。アップで撮ると粗さが目立ちますが、安価なのでつい買ってしまいます。


10mm高さほどのフィギュアを設置するには、接着面(靴底など)をヤスリで平面にして ボンドをたっぷり付け、地面に直接置き、転倒防止ピースで受けて1時間ほどそのままにする方法で進めています。


まず「B地区」に設置していきます。「長谷寺」にお参りしたおばあさんと孫が戻ってきました。


こちらは長谷寺をこれから参拝する女性です。


長谷寺境内の小高い広場では、兄弟がトンネルを出る江ノ電を眺めています。


「御霊神社」に向かうこの道が「B地区」のメインストリートといったところです。


御霊神社に行く 遮断機のない踏切には、通過する電車を待つ人が立っています。


御霊神社には一人の信者らしい人が、参拝しようとしています。


すぐ脇の撮影スポットには、トンネルを出た江ノ電を撮る「撮り鉄」が二人。


海岸方面に目を転じると、年季のはいったクルマが「切通し坂」から出て国道に合流しようとしています。そばの肉屋では店員が来客になにか話しかけています。


合流地点で、通過するクルマを 一人待っていた女の子がこれから渡るところです。


国道には単車に乗って仕事しているオジサンもいます。


国道に面した駐車場に、軽トラから降りてきた重装備のオッサンはちょっと場違いな感じです。
手持ちのフィギュアを「B地区」でフルに使いました。「A地区」に使うフィギュアがなくなったので、通販で注文していきます。フィギュアを置くと ストーリー性が出てきて、やっぱりいいですね。

市民展への準備 ②

台風24号が通り過ぎて、今朝の近畿地方は抜けるような青空が広がりました。 気温も24~5度で快適な午前中です。


私の2階の部屋からの眺めも青一色です。さあ、ヒルまでに6日ぶりのブログを書かねば‥‥


市民展へ出品するための準備を進めています。気になるところの修正を続けています。
この部分の石垣ですが、平面をつなぎ合わせたので 光の角度によって不自然さが目立ちます。


草色パウダーをつなぎ目に増量したのですが、かえって不自然さが増した感じです。むずかしいなあ‥。


つぎに、トンネル内を覗くと、ポイントの脇が茶色でこれも違和感があるので、


トンネル内の壁と同色に塗り直しました。


(既載)切通しの坂道のつなぎ部分もギャップがひどく、段差もかなりあるので修正です。


段差については、A地区側の道の傾斜をきつくして高さをB地区側に合わせました。傾斜を変えるのに、道路の土台を削り取る必要があり、ボンド固定した部分の修正はなかなか大変でした。


道路面のスキマについては、A地区側に2mmくらいの余材を接着しました。B地区側を並べるとピッタリ合いました。やれやれ。


江ノ電は線路に置くだけですが、「Bトレ」は風が吹いても飛ぶような軽さなので、固定方法を考えます。レールや車輪にボンド固定は厳禁だし、結局このようなスチレンボードのピースを台車と道床の間に挿入して、両面テープで固定することにしました。レールと車輪はわずかに浮いていますが、展示会場目線ではOKです。


駅ホームの2番線側に固定することにしました。


(既載)もう一つの車両については、”トンネルを出る江ノ電” の方が動的であるので、この位置に同様の方法で固定することにしました。


海岸線の国道と切通し道路の合流地点に信号機を設置しました。グリーンマックスのパーツを利用。歩行信号も附属していてそれらしい雰囲気になりました。


展示する方向がこの向きなので、地面の断面を茶色の厚紙で覆いました。


見学者からは背面にあたるこの面は、北側の各ユニットがズレないように、枠組みしました。 あとはフィギュアを置くべきか? 手持ちはあまりありません。少ないとかえって寂しくなるし‥。