イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

市民展への準備モードへ

箕面市民展に向けての準備を兼ねて、A、B地区全体のツメに入っていきます。今年の出展ではArduinoで自動運転をしようと思っているのですが、残念ながら市民展では “動態展示”が不可なので、12月の箕面シルバー人材センターの会員作品展でトライしようと思っています。したがって今の時期はA、B地区の市民展仕様に取り組みます。


A、B地区の海岸線です。右のB地区にも石ころを置いていきます。


石ころを置くためには、南側のユニットをB地区ベースに接着固定していないとダメなので‥

まず接着固定し、そのうえでB地区部分の海岸線に小石を撒きました。海面(なみいたくん)の上にも両地区をまたいで水色を加筆しています。


B地区の由比ガ浜海水浴場の海面全体にわたって白色で加筆し波立たせました。「なみいたくん」の上から塗ると、下地の青とのあいだで “立体感” ができて なかなかいいです(写真ではなかなか わかりにくいですが)。


次に、A地区 極楽寺駅前に自販機を置きました。ここは無料の駐車スペースです。


駅の階段を上がった右に安全柵、左に小さな花壇も置きました。


トンネル内部にあるポイント(分岐線路)が未だ敷設していませんので、上のユニットを外して敷設作業をします。


ポイントは KATO のEP481-15Rです。バラストの色が違うので、フレキレール側の茶色に合わせます。


トンネル内部なので、バラストは撒かず色塗りだけとしました。今回は電車走行もしませんのでレールをつなぐジョイナーもあえてナシです。道床を脇から抱き込んだ固定部でしっかりしてますので十分です。


A、B地区のつなぎ目で気になるのが、ここの部分。極楽坂切通し道路です。2mmくらいのギャップがあります。展示会場の目線的には ほぼ隠れていますが、追って修正していきます。 
さて、メインの一つである江ノ電ですが、極楽寺駅ホームは1番線、2番線の両番ホームなので、列車を2つ用意します。


1つは、これから作る「C地区」に使う、「江ノ電と釣り人」にセットした2両編成の江ノ電。


もう1つは、最近なんとか見つけたこのBトレです。グリーンのボディが好きなので、サービスコーナーで割安で見つけたときはうれしかった。


さっそく組み上げました。2両編成とはいうものの、台車は3ユニット。


ごらんの通り、独立した2両ではない簡易型です。承知の上で買ったものの、出来栄えをみて、やっぱり割引価格品だなあと再認識。


2つの車両を駅に置いてみました。


トンネル内からの2ショットです。


こちらは駅側から、御霊神社の鳥居を含めて撮りました。


別のアングルからも。鳥居の色は赤の方が引き立ちましたね。


A、B両地区の全景です。


もう少し手を加えて、列車の固定とか搬入方法など考えていきます。

やっと「A地区」の完成

箕面市民展に向けて今年のテーマ「鎌倉・あじさいのころ」の製作を続けてきましたが、市民展への作品搬入日が10月14日、もう1ヶ月もありません。が、最後の「C地区」に全く取り掛かれておりません。「A地区」にちょっと時間が掛かりすぎました。


(既載)当初計画した概略図です。現在の進捗は、「A地区」の江の島に架かる連絡橋の製作が終わって海岸線のツメをするところです。8月に入ったころから“予感”がしてましたが、現実となった今、「A地区」「B地区」を出展しようと割り切りました。


割り切ったら 焦る気持ちもなくなり、気になっていた連絡橋の“重たい”イメージを払拭しようと、橋を作り直すことにしました。


厚紙と竹ひごを使って


こんな感じになりました。格子状の橋に比べて “軽快”な感じです(自己満足)。こちらの方を採用 と思いましたが、一方で格子橋も捨てがたくなり、結局 両方採用、いわゆる “着せ替え”方式でいこうと決めました。本土と島をベースに接着固定しておき、橋を気分に応じて架け替えるというものです。


さっそく 国道・成就院ユニットをA地区ベース上に接着します。


接着しました。海岸線(陸地と海面の境)に雑草やら石ころを置いていきます。


ボンド水溶液を海岸線にスポイドで滴下したとき、不具合が発生。


ボンド水溶液が「なみいたくん」の下にまわり込み、乾ききっていない白色とまじりあって 模様がついてしまいました。


苦肉の策。石ころを模様に沿って置くことにしました。見苦しい展開に‥。


江の島もベースに固定し、連絡橋を架けてみました。


格子の橋にも替えてみました。橋の両端の支柱部分が陸地に引っかかるようにしています。

本土から江の島を見たところです。


以上、「A地区」がやっと完成しました。線路の上側(北側)のユニットはメンテのためもあってA地区ベースに固定していません。


江ノ電をセットしてもう1枚。

畑を縮小しました

この一週間、ジオラマ製作が進んでいません。畑に連日行って、雑草を取ったり、畝のレイアウトを変えたりして面積を約半分にし、9月からの新しい運用に対応していたためです。

(既載)これは年初の畝配置です。全部で16本の畝がありましたが、9月からは点線内のスペースだけを使うことに地主さんと約束しました。具体的には 図でもわかる通り、中央にあったタテ4本の畝を輪切りにして上側だけを今後も使うようにし、 畝の方向もヨコに変え、これで全10畝が同一方向になりました。


この写真は畝を輪切りにした部分で、奥の掘り返している部分は90度方向を変えて畝を作り直しているところです。


掘り返している畝の方向に沿って撮った写真です。今後管理する10本の畝の全景です。手前の左端は春に植えたサトイモです。その隣りの網シートの畝は、今回掘り返した最初の畝で、ダイコンを撒きました。奥の畝5本の左端は仮植えを終えたイチゴで、その隣りのマルチ畝はブロッコリーを植えてます。耕作面積が半分になったことで、少しまたヤル気がでてきました。


以前紹介した 根こそぎ倒れた早咲きの桜は今も倒れたままです。10日以上たつのに、葉っぱはまだ青々としています。大木なので生命を永らえているんでしょうか‥。


話は変わりますが、先日このチラシの映画を見ました。中米のパナマとニカラグアに挟まれた、人口500万弱の国で、軍事費を全て教育と医療に当てて成功している世界でも稀な国です。

毎週3日間、文化センターで清掃業務に就く私ですが、ふとこのチラシの解説に目が止まり、前売り券700円を購入しました。
日本の途方もない国防費や安保条約といったアメリカの傘のもと、今後も変わることのない日本の方向を思うとき、なぜ “ブレークスルー”できないのか、いつも思う疑問です。会場で出会った友人と話が弾み、私の問いに友人は、「それは日本人の国民性だよ」が結論でした。会場で買った映画の解説本を読み返し、自分なりに整理したいと思っています。