イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

勝尾寺の裏手の製作②

またまたショックな写真を載せなくてはなりません。首を保護する「むち打ち症」のサポーターが、突然無残な姿になって居間にバラまかれていました。


犯人は愛犬「ピノ」です。ふだんは左上のサポーターを首に巻いているのですが、暑苦しくて外していることがよくあり、たまたま居間に入ったところ、中味のスポンジが床一面に雪のように散らばっていました。上の写真は「雪」を掃除して、カタチを整えた残骸です。医者から購入した3,800円は一瞬にして藻屑と化しました。2週間の命でした。
激痛は消えましたが、左右上下の首の移動が通常の半分しかいきません。長期戦を覚悟に、湿布薬で対応していきます。


さてジオラマですが、ダム擁壁の上の散策路を通って相手岸に到達したあと、階段で阪急電車の線路を渡るルートを製作しました。1.5tのバルサ材で木道階段を構成しています。


踏切は遮断棒のない第4種です。作業の前にいつも通りバラスト散布から始めます。


レール間にいつものバラストを撒いてボンド水溶液を垂らしていきます。


レールの両側一帯も撒きました。左側のジョイナー受け台も固定。左側から入るレールのために、ジョイナーに挿入する部分にボンド水溶液が回り込まないように注意しています。


レール外側まで踏み切板を接近させセットしました。レール高さにほぼ面一にしてます。


レール間の渡り板もつくりました。補助レールはアルミ板でつくり、端部を曲げてます。


つぎに、勝尾寺の裏手に阪急電車を入線させる形を考えています。山腹にそのまま敷設するのでなく、写真のような「覆道」の中を通過させようと思います。昨年つくった同様の構造です。


5tスチレンボードを10mm間隔でスリット状にして入線状態が見えるようにします。


山に沿うように置いてみると、こんな感じです。


さて勝尾寺駅をどうつくるか ですが、山の横腹をくりぬいて空間を作り、駅のホームを手前に置くことにします。


阪急電車は昨年使用のものをそのまま使うので、胴体横に取り付けた磁石の下を駅ホームの高さにします。ベースから13.5mmでした。


磁石が車両の前方に取り付けてあるので、リードスイッチはホームに入線するあたりに設置する予定です。


山を組んだ状態はこんな様子です。ホームに降りた乗客はUターンして奥の下り階段に向かう構成です。


当初、スリットのない部分は山肌が覆って中が見えない構造にしましたが、乗降客の動線も見せようとする方針になり、全ての覆道をスリット化します(今後)。

勝尾寺の裏手の製作

先週は「むち打ち症」という未経験に会い、意気消沈の毎日でした。暑い中でサポーターをまくのは、身から出た錆とはいうものの、むせて辛かったですが、おかげでこの貼り薬(下)が効いたのか、わずかですが痛みが少なくなってきました。


元来、整形外科なる領域はまだまだわからないところが多い、と先生から聞いていたので、とにかく長い目で付き合おうと決めていたのですが、まじめに一週間サポーターをつけたおかげで、きょうはサポーターなしでウォーキングしてきて、気持ちよかったです。


風光明媚なスカイアリーナでやっている体操も、首まわりの運動を除けばほぼ支障なくいけるようになっています。来週は神社の「体操/太極拳」の号令当番なので、首運動の工程は十分できませんが、手・足・胴などはいつものペースでやるつもりです‥。


けさのウォーキングの途中で見つけたある玄関の花たちです。白い丸い花は「白あじさい」です。1時間歩くのでシャッターチャンスもいろいろありますよ。


さてジオラマのほうは、勝尾寺の裏手、阪急鉄道をそのまま直線で延長する作業に入ります。


高さを確保するにはスタイロフォームが一番で、前回はここまでしました。今回は線路をつなぐジョイナーのセットです。


平面の上にジョイナーで接続するのはそれで十分なんですが、今回のように別のユニット同士に接続する場合、高さが違うのでいつも慎重になってしまいます。今回、左側からのレールに合わせて高さ調整が必要です。ジョイナー単体だとグラグラするので固定台(受け台)を設けるようにしています。ジョイナー受け台付きのレール上面まで7mmでした。スタイロフォームに薄い板紙を貼ったあと、3mmtのスチレンボードを介してフレキレールをセットすると、偶然?にもレール高さが左右でピッタリになりました。


接続したところです。やや直線的に曲がってますが、調整範囲です。


話は少し前に戻って、高原線路の背景に山並みを配します。


30mmtのスタイロフォームを3枚重ねました。これを一体ものにして、カッターで山容を適当に整えていきます。


山容を整える前に、ダム擁壁の頂上部の歩道を繋げる作業をする必要があり、階段を下りて線路を渡る形状を想定しています。


3枚のスタイロフォームを接着した翌日は一体モノとなっており、カッターで好き放題にカットできます。


所定場所に置いてみました。これから着色、散策路などを加工していきます。

人生何が起こるかわかりません!

誰でも経験したことはあるでしょうが、2日前、わたしも「むち打ち症」になってしまいました。ジオラマ製作も新規の段階に入って馬力を上げようとした矢先でした。マイナスな話題でたいへん恐縮ですが、朝ベッドから起き上がるとき足がつって前のめりに3~4mダッシュしてケースの角にいきおいよくぶつかったのです。


きのうはそれほど痛みもなく、軽いむち打ち症でしょうと言っていた先生も、きょう起きたら顔を少しでも曲げたら痛みがはしり朝一に再び病院に駆け込みました。首に巻いているのはサポーターで、おでこの矢印部はケースに突進して当たった傷口です。痛くて全く首が動きません。完治は半年先でしょう‥と思いもよらない言葉。風呂上がりに湿布薬を貼ってサポートをまくのですが、一人でできず妻に感謝です(素直に)。


これが首にまくサポーターです。しっかり止めると首が動かず安心感が生まれます。


鞭打ちになったきっかけはこうです。いつもどおりベッドから降りると、急に"こむらがえり"がおきて立っていられず、


前のめりのまま3~4m先の台枠に激突、ひたいに1cmほどの切り傷をつけて血がダラダラ‥。あたりをきれいにしたあと首に違和感が出てきて、近くの整形外科にいくはめになりました。2日目からサポーターが必要というこで先の写真になったわけです。
人生、一寸先は闇ですね!
という先例を受けた後のジオラマ製作ですが、


これが今年(第2期)の概略計画図です。

灰色の部分が既に終わったところで、これからは薄緑のエリアの製作に入ります。ここでは約23cm高さの高架鉄道と駅、そのてまえに広がる名勝「勝尾寺」を作ります。


勝尾寺が中心にくる場所はこのあたりです。すでにループ線は先に敷設されています。曲率が小さいですが、去年から使っている3連結のミニ車両なので問題ありません。


実際にはこういう配置になります。つくりながら詳細を決めていくマイペース工法です。


さっそくスタイロフォームで土台づくりです。


ウラ側もメンテ用に開口部も考慮します。


橋梁を渡った線路の垂直高を確認して土台の高さを出していきます。こういった土台づくりは高さだけ抑えて、端材など使い適当に自由に進めていきます。