イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

新テーマのレイアウト構想

今年のテーマが決まり、既存の2作品も活用という方針のもと、江ノ電を走らせるためには既存2作品をどのような位置関係に置くのか検討しました。


モジュール「トンネルとあじさい」を真上から撮りました。微妙にカーブしたフレキシブル線路がほぼ中央に敷かれています。


モジュール「釣り池」も真上から撮りました。KATOのR248曲線路とS62直線路を使っています。


トンネルを出た電車が釣り池の横を走る位置関係を作ります。400✕450紙を2枚置き、その上にKATO線路を置いて2つのモジュールがつながる配置にしてみました。なんとかなりそうです。実際の製作にはフレキシブル線路を使う予定です。
これを元に、400✕450のモジュールを3つ並べた作品にしようと、全体概略図を書いてみました。


それぞれの名所の位置関係をできるだけ現実に合わせようと努めました。左下に江ノ島を少しだけ入れました。図の上側は背景写真を立てて、裏をループ線路でつなげます。線路上のジョイント数は、各モジュール間で7ヵ所、「釣り池」内に1ヵ所、給電用KATO線路の片側1ヵ所、の計9ヵ所になります。この構成で一番不具合なのは、右端の釣り池が陸側に大きく食い込んでいることです。しかも池ではなく海の一部になっています。ジオラマ上、違和感なく作れるか‥。現実離れしていますが、それらしく作るのがジオラマのおもしろさですね。鎌倉大仏はどうするのか、など 考えたらキリがありませんが、とにかくスタートしてみます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。