イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

御霊神社境内の製作③

御霊神社の本殿ができあがり、神社の境内をレイアウトしていきます。江ノ電がトンネルを出た左側に御霊神社がありますので、その位置に本殿を置きます。


「トンネルとあじさい」のモジュールに地面を合わせる必要があるので、下地のボードの上に5mm厚スチレンボードを1枚重ねて境内を作ります。


現場写真では本殿が1段高い位置にあるので、境内用のボードの上にもう1枚重ねて本殿を置き、階段をつけました。本殿の裏側は「トンネルとあじさい」モジュールに合わせて傾斜地を設けて植林します。


1段高い5mm高さの側面に、石壁シートを貼りました。昨年の作品に使ったものですが、石の大きさは実際換算で60X80cmくらいにもなり、こんな大きな石が横一列に並んでいることは 1神社では まずありません。でもジオラマ的には違和感ないと言い聞かせて、次へ。


更に さんけい製ミニチュアセットをもう一つ使います。「小さな神社」です。神社に必要な小物がいろいろ揃っています。


まずは 手水舎(ちょうずや;手を清めるところ)です。組み立てました。


次に「狛犬」も組み立てました。レーザーカットは実に丁寧にできています。写真だと よりリアルにわかります。でも‥ 右の狛犬のカタチがおかしい。ミスに気付きました。顔が下を向いて足が横を向いた状態で接着してしまいました!!


これが正規の取り付けです。顔から胸に接着材が残って取り切れませんでした。


次に神社のシンボル「鳥居」です。羽を広げたように立派な鳥居が現地にはありますが‥


キットの写真の鳥居はなんとなく勢いがありません。そこで、つくることにしました。


左右の柱をマッチ棒にして、横腹に細長い穴をあけて1tバルサ材を貫通。柱の上は2tバルサ材でカタチをつくって接着。 


次は「絵馬かけ」を組みました。


最後に「社務所」を組みました。もう一つ本殿もセットに入っていますが、ダブるのでパス。以上、神社の小物がそろい、境内に配置していきます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。