イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

箕面公園の中心 滝つぼエリアへ

いよいよ箕面公園の中心エリア ”滝つぼ” まわりにやってきました。その前に、今まで製作した「A地区」「B地区」の全体写真を載せます。


左側が「A地区(箕面駅周辺)」、川を挟んで右側が「B地区(昆虫館/瀧安寺)」です。箕面公園は大阪平野の北に位置して北摂に住む我々のオアシスです。それをジオラマでアピールしたいのですが、ぜひ下記リンクで実際の自然を感じてください。
 箕面公園 公式サイト


さて、概略図でこれからの製作エリア「C地区」を述べます。ここでのキモはもちろん「滝つぼ」と架空の駅「箕面滝下駅」です。この地区の入口とも言うべき「唐人戻り岩」も名勝です。


この右端スペースに「C地区」を展開します。


滝つぼの周囲3方向は高い岩肌で囲まれており、この地形をつくり込むのはなかなかたいへんですが、やるしかないです。


滝つぼ最前線にマイナスイオンを全身に浴びる いこいの広場があります。


例によって、台紙に概略レイアウトを書きました。大まかな地形をスタイロフォームとスチレンボードで作っていきます。まず写真の上方部に左から連なる山並みを作ります。


かなり高いので30tスチレンボードを4層置きます。


これは「唐人戻り岩」といって、昔、唐の貴人が滝を見にこの巨岩まで来たが、山深い険しさに驚き恐れて立ち帰ったという場所です。我々もこの岩が見えたら滝も近い、という目印です。


「唐人戻り岩」を、遊歩道に覆いかぶさるように出しました。


山並みの手前に遊歩道を2つ。橋で繋げます。


滝つぼはこんな具合になるのかなあ‥。とにかく今は骨格だけ揃えたい段階です。この裏側には阪急電車山間線も敷設の予定です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。