イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

ジオラマの畑に野菜を植えよう!

広い畑全体に畝を作ったので、これからは順番に野菜を敷き詰めていきます。季節は「桜のころ」に設定していますので 春野菜になるのですが、イチゴ、じゃがいも、レタスなど、野菜の種類に応じて作り込んでいけばいいのですが、それぞれの野菜にピッタリの素材などないので、どうしても手持ちの素材・材料で 春の野菜畑にみえるように作り上げていくしかありません。


野菜作りの前に、畑にある小物を少し作りました。物置小屋を3つ、水槽を4つ、厚紙で作りました。塗装はまだです。私の実際の畑の小屋をイメージしたのが左側の小屋です。その色違いが右、3面扉が中央です。水槽の中は青の折り紙を貼りました。


まず一番奥の3面をやります。最初は土づくりですが、ボンド水溶液を全面に塗った後、私はほとんどモーリン製「リアルサンド」を茶こしでふりかけています。畝とベースの隙間がある部分には厚くかけています。


手持ちの材料でそれなりに野菜を植え付けました。一番奥の面は、畝全体に点撒きしたシュンギクが少し成長した状態? 中ほどの面は、レタス、ホウレンソウなど。手前の面は、つるを伸ばした野菜。といってもこの時期、スナックエンドウやキューリはまだまだ早すぎるので、ウソっぽいですが‥。前述の小屋と水槽も仮に置いてみました。


90度ヨコから撮りました。リアルサンドを撒いても地面にまだ隙間が目立つ部分には草を撒いてカバーしてます。

このような手法で15面の畑を作っていきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。