イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

畑に野菜を植えよう 3

畑の3分の1が植え終わったところで、つぎはイチゴにしようと思い、桜の季節なら ちょうど「防鳥ネット」を全体に取りつける時期なので、ネット張りに挑戦しようと思います。

これは既掲載の 採れごろになった5月のイチゴ畑ですが、全体を大きなネットですっぽり覆っています。これをイメージして、ジオラマ畑のうちの1面をネットで覆うことにします。


線路が走る土手のすぐ下の1面をイチゴ畑にします。


使用するネットは 前回紹介したキッチンのシンクのドレンネットです。前回、つる系野菜に使った水色のネットはゴワゴワ感があり、こちらの方がやさしい感じなので‥。


まず畑1面全体の型紙をとり、これに沿って針金で 支柱をつなぐ横の渡り部分をつくりました。


渡りを支える支柱を12本立てました。実際の畑では中央にも1本立ててネットのたるみを抑えていますが、ここでは見栄えにあまり関係しないので省略します。


ネットを張る前にイチゴを配置しました。直線的に1列ではなく、台形の畝に交互にズラして配置しています。4月のイチゴは赤い実がなる前なのでこんな感じです。(実際には白い花も咲いていますが、ネットで見えなくなるので絵筆で咲かすのも省略)


畑に支柱をセットしてみました。
さあ、ここからが本番です。ドレンネットをどのようにピンと張って取り付けられるのか、取り付け方法を思案中です‥

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。