イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

引き込み線区8(完成)

引き込み線区の製作もいよいよ最終段階。ジオラマ「ふるさと」本体へのレール接続作業を残すだけとなりました。やっとここまで来たか‥。引き込み線に車両が入線していく様を思い浮かべながら、きのう余裕を持って接続作業を開始しました。
と早々、ひたいから あぶら汗が出る重大事態が発生!!
接続ヵ所は3つあるのですが、そのうちの1つが ‟地獄” になっていてピッタリ合わせられず、相方のレールの間に5mmの隙間が生じてしまうのです。通電も確保しなければならない。余裕の気持ちが一転、しばし考え込んでしまいました。


上の写真は、最後の接続作業をする前の状態です。


そしてレールを置き 地面で固めて、引き込み線区モジュール(右側)と本体(左側)を接続しました。すると接続ヵ所3つのうち、1つの接続部分に5mmの隙間できてしまったのです。さあ困った。どうしたものかなあ思いつつ‥


まず、この隙間を埋めるための5mm長の隙間用レールを2つ作りました(写真左)。
写真右の部品はKATO製レールについている接続のための部品(金属のガードとその受け台)で、左右からセンター位置までレールが入り込んでレール同士の固定と通電を確保するためのものです。さっそく5mmの隙間レールをセンターに来るように差し入れ、次に左右からのレールを隙間レールを挟み込むように差し入れました。左右のレールの差し入れ長は各2mm強あるので十分通電を確保できると判断。実際に組み込もうとすると、今度はこの接続部品の受け台の突起(写真の下方の突起)が干渉して、各2mmの位置関係が決められなくて困り、この突起部分を削り取ってようやく満足いく状態になりました。
 
組み上げた最終の接続状態が1つ前の写真です。ちょっと接続部の見栄えが悪いですが、なんとか引き込み線区モジュールが完成し、車両走行と切替ポイントの動作テストも良好でした。


今回、レールの接続構造がどうなっているのか初めて知りました。いつもはなにげなく扱っているレール接続ですが、よく考えた構造になってますね。





引き込み線区7(トンネル部分の製作2)

前回トンネル部分を作ったが、きのう家にいる娘がたまたま現物を見て「お父さん、トンネルって入口が丸いのに、四角ばってておかしいよ」という(下の写真)。高台の部分にトンネルを作ろうとは当初は思っていなかったので(つまり追加工事)、出来栄えに何の疑問もなかったが、そう言われてみると気になってきました‥。


さっそく修正して、「これでどうだ?」(下の写真)と言うと、「そうそう」と納得の様子。第三者に見てもらうのも必要ですね。


引き込み線区6(トンネル部分の製作)

秋雨前線が停滞して きょうは朝から雨。こんな時はジオラマ製作のチャンスです。ふだんは週3日の仕事か そうでない日は畑に行っているので、昼間に腰を据えてジオラマを作ることはほとんどありません。夜は夜で食後自分の机にすわってパソコンでも点けると 決まって睡魔が襲ってきます。いつも愛読しているヘビーブロガーのLさんやAさんのように、ほぼ毎日の投稿など信じられません。
でも共通の趣味としては一致。私は私で楽しく自分のペースでやっていきます。
ということで今日は仕事も畑もお休み。予定のトンネルまわりの製作に専念できました。


トンネルの左右の壁をどういう仕上がりにしようか迷いましたが、作り慣れている石積みの壁にしました。スチレンボードにマイナスドライバーで切り込みを入れて石積みの形を作り、くぼみまでしっかり黒塗りしたあとで白のパステルで表面を平面塗りしています。ここまでで引き込み線4線ができました。


次回はこれで最後、写真下の部分(レールの結合とそのまわり)です。レールが全部つながりますと、周回のメイン路線から分岐する引き込み線はこのジオラマ全体で7つになります。手持ちのほとんどの車両がジオラマ上に収まり、自由に発着できます。