イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

播州山崎の花菖蒲園へ

朝日新聞夕刊の第1面に紹介されていたその写真は、見ごろを迎えた色とりどりの花菖蒲のじゅうたん。妻に見せた結果、3日後に日帰り小旅行となって実現しました。

中国自動車道を使って1時間半で到着、国内最大級の回遊式庭園に咲き誇る100万本の花菖蒲に酔いしれました。これほどの花菖蒲は見たこともありません。

入場の時にもらったパンフレットに、アヤメ と ハナショウブ と カキツバタ の見分け方が書いてあり、地質、開花期、葉形、花の大きさが微妙に違うんだなあ‥とその時は理解したのですが‥。

写真は休憩所などから撮った180度の展望です。右方向、中央、左方向の順です。


‟かやぶきの里” 美山(みやま) へ

妻が以前から行きたいと言っていた京都府北部にある「美山」に行ってきました。車窓から見えていた山村の景色が一変し、かやぶき屋根の集落が田んぼの向こうに整然と現れたのです。それは今まで見たことのない情景でした。これが日本の原風景か!あの感動はずっと忘れないでしょう。

この地区にかやぶきの民家は30棟あるそうです。路地を入っていくと、おばあさんが小川でなにやら洗っていた。尋ねると、田植え機にセットする苗の箱だそうで、観光地ではあるが そこに暮らす人がごくふつうに生活している。5月5日の子供の日は終っているが、こいのぼりもまだ風にそよいでいました。



イチゴの収穫が始まりました!

例年通り、5月に入ってあっという間にイチゴが色づき始め、今年も収穫の季節がやってきました。1年間世話した成果が出るこの時期は本当に至福の時です。畑に素人の我々でも もぎたての甘いイチゴが思う存分食べられるなんて‥‥。家族、友人、ご近所、みんながハッピーになるこのイチゴ栽培ですが、期待される分、我がプレッシャーも大きく、いつも不安でいっぱいです。「今年の出来はいいだろうか?」「甘いだろうか?」

写真はきょうの成果です。