イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

橋下のダム擁壁部分

大学時代に始めたテニスも、今は年数回の合宿に参加するだけの"イベント会員"になってしまっている私ですが、コロナの影響でその合宿もなくなっています。大阪では少しづつスポーツも解禁に向かい、市のコートも3ヶ月ぶりにとれたと連絡が入ったので、先週金曜日の昼の2時間、久しぶりに汗を流しました。


合宿のグループのうち8人が集まり、ショートゲームを4回楽しみました。私にとっては半年もしていないので、足がもつれ、コートの中央でドテーッと倒れてみんなが心配して駆け寄ってくれました。その後もなんとか試合をこなし家路に。風呂とビールは格別でした。 
異変に気付いたのはその日ベッドに入った時です。右を下にして横になろうとしたら、大腿骨の右側が痛くて横になれません。更に右の肩甲骨も痛いのです。その時まで全く感じなかったので、ひびがはいっていることはないと思い、中程度の打撲だろうと判断しました。
翌日は、今度はベッドから立ち上がれません。この方が厄介です。きょうで3日目ですが、イスから立ち上がると"腰の曲がったおじいさん状態"です。早朝の体操/太極拳も再開されたのですが、いつ行けることやら‥‥。徐々に体力、反応が衰えていることをもっと真剣に考えるべきでした。


こんな時はジオラマを見て自分を奮い立たせなければ と思うのですが、どこまで進んだかというと、線路の奥の山景と貯水池まで完成です。


この角度から見ると、峡谷を渡る列車を想像して楽しくなります。このままの"吹き抜け"の方が迫力があるんですが、残念なことにこの空間はダム擁壁が立ちはだかる設計です。全体構想を間違えたかな?


ということで、この黄色部分にダム擁壁を作っていきます。上方の擁壁を合わせて大きな1枚の擁壁になります。


前回使ったGMの「石垣A」を2枚使って突合せ、スタイロフォームで受けました。横幅は橋梁の受け台の間の寸法ですが、短いので別途追加します。谷にむかうナナメのカットも概略でカットしています。


前回作った擁壁上部の角度に合わせて、斜めに固定しています。


峡谷部分に合わせてみると、まだまだスキマだらけです。前回作った擁壁の上方部分と今回の擁壁の合わせ面は、幸い橋梁に隠れて見えません。擁壁の仰角を同じにすれば大きな1枚の擁壁に見えます。
つぎは、スキマを埋める作業です。


左側のスキマは、石垣A、板紙、スタイロフォームで修復。


右側も埋めました。擁壁ユニットは取り外し可能にするので、斜面のスキマはアソビが必要なので、フォーリッジで最後は手当します。


擁壁の底の部分の処理が残っています。この部分は水量の調整弁になるところとし、トンネルから貯水量に応じて放水するルートになります。


(写真はネットから)実際の現地の放水路は擁壁の右横にあります。水面が限界高さになると開門して放水すると思われます。


ジオラマ上は、擁壁下部にこのようなカバーをつくり、トンネルを設けました。


トンネルが小さい感じですが、大雨時の大放水などは作者は考えておりません?!(つっ込まれる前に)

ダム建設とその周辺②

きのうは1日中 雨でした。畑にも行けず、ウォーキングにも行けず、しかし歯医者だけは行かなければならず、複雑な日でした。 
そんな中、太極拳仲間からのメール(高齢者川柳)に思わずクスッとしてしまいました。
少し紹介します。
●暖かく  迎えてくれるは  便座のみ
●あの世では  お友達よと  妻が言い
●オレオレに  亭主と知りつつ  電話切る
●粗大ごみ  そういう妻は  不燃物  


ダム建設がつづきます。前回はダム擁壁の上の歩道に柵を設けましたが、ガードレールみたいなので、色塗りします。


写真では黒く映っていますが、茶系に塗りました。これでも"遊歩道"のイメージからはほど遠いですね。柵の種類が合っていない、という結論です。こだわってもしょうがない、つぎに行こう。


つぎは線路にバラストを撒きます。枕木を包み込むようにまず中央に、次いで両脇に撒いていきます。


撒き終わったあと筆で枕木部分に乗った石を履き、均等にして、ボンド水溶液を垂らして固定しました。橋梁部分はもちろんバラストは撒いていません。


橋梁を手前から奥に差し込んで、枕木の底面と橋梁上面を接着しました。


橋の台座(コンクリート)の上面部分にもバラストを撒くか迷ったのですが、勢いで撒いてしまいました。


橋梁のレールの間に保安通路を付けましたが、ちょっと幅が狭かったかな?


つぎに貯水池の水面の色塗りです。ここは水色に塗った後「なみいたくん」で覆います。


試し塗りしました。可もなし不可もなし といったところですが、明る過ぎると感じ、少し"深い目"の色に変更します。


この色に落ち着きました。「なみいたくん」を貼るのは水面のキワの処理後にします。つぎは緑化作業です。


線路の両側を緑パウダーで撒きました。バラストとの境目は適当にしています。


橋梁の台座上面(写真黄色マル部分)もグリーン化しました。〔台座のコンクリートの上に枕木が固定されバラストが撒かれ雑草が生えている奇妙な関係ですが、あまり深読みしないで流してください〕。トンネルを出た遊歩道の周りも同パウダーを撒いています(写真上方)。


グリーン化を山肌にもしました。この部分はのちほど全体に植樹していきますので、全面を一律に緑化するのではなく、部分的にして地面も見えるようにしています。植樹するとこの"ムラ"は気になりません(今までと同じ手法)。


フォーリッジも使って不自然な箇所をカモフラージュして、そのあと山並みユニットを本ベースに固定しました。


ダム側の切り立った斜面は、前回ネットシートを貼り付けましたが、「枠付きコンクリート」の擁壁にするための着色をします。


塗装してこういう感じの仕上げになりました。コンクリート擁壁に見えますかね?


トンネル出口に少し植木をして、貯水池境目に柵を設けました。貯水池の水面にも「なみいたくん」を貼り付けました。


更に、貯水池の中に設けた"小島"ですが、「島」ではなく、陸続きの対岸です。なかなか陸続きとは見えないので説明します。


グーグルから拝借した箕面川ダムです。貯水池は黄色の枠内を切り取ってジオラマ化しているので、対岸が島に見えています。ジオラマの寸法制限で、「ぽつんと一軒家」ならぬ「ぽつんと小島」になってしまいました。対岸までよくばって入れたけど、ないほうがよかったか完成後の判断にゆだねることにします。


とにかく、山肌に植樹する作業を残してダム周辺の作業が終わりました。

ダム建設とその周辺

もうすっかり早朝ウォーキングが定着してきました。1時間超、6000歩、公園の体操/太極拳、この3つをクリアすべく6時起床で実践しています。
ダム建設の方も少しづつ進んでいます。ダムを囲む地形づくりが今回の作業です。


線路を受けている橋梁を一旦外し、線路に沿って背後にダムの擁壁を作ります。


グリーンマックスの石垣Aを使います。今回のジオラマも石垣を多用しますので、各メーカー素材や自作したりして変化を楽しむのもいいかなあと思っています。


(図はネットより拝借)箕面川ダムは「ロックフィルダム」といって、土砂や岩石を積み上げて表面をアスファルトやコンクリートで覆った構造で、日本各地にあり、エジプトの「アスワンハイダム」も有名です。 当ジオラマも山形構造にします。


まず石垣ボードの固定ですが、背面はスタイロフォームにして、底面の受けは橋梁を支える凸部の出っ張りを利用します。


石垣ボードの素材が横方向に寸足らずなので、左右に貼り合わせしました。


つづいて反対側(貯水池側)も、このように斜め角度にボードを固定しました。ボードに挟まれた頂上部分は歩道にします。実際の現場は幅のある車道ですが、貯水池を少しでも大きくしたいので、散策路のコースとして進めます。


つぎはダム左につくる山側の造形です。スタイロフォーム30tを3枚重ねた高さにします。一方、貯水池は水面だけの方が広く見えるのですが、実際の現地では 山の一部がせり出しており、少しだけ反映しようかと思います。


山容を整えていきます。スタイロ3枚を貼ったのち、カッターで適当に右肩上がりのカタチにしました。ここの山肌はいつもの植林をします。


貯水池側の斜面は大胆にカットし、ダムに出る遊歩道のトンネルを思いつきました。これは実際にはありませんが、箕面大滝の源流を訪ねるコースの終点という位置づけです。


トンネルを出ると貯水池が広がっています。


遊歩道は0.4t 紙で切り抜きました。トンネルの中まで1枚紙でつくり、断面がないようにしています。


遊歩道を置いたところです。また貯水池の中ほどに設けた陸地は、あまり高くすると ますます貯水面積が小さく見えるので写真の程度の高さにしました。
さてつぎは塗装工程です。


まず山肌にいつものローアンバーを塗装。どうしても3層の合わせ部にスジが残りますが、緑化の際に隠します。


トンネルのある急斜面はコンクリートで固めた面にするため、「井」型のワクを付けた形状にします。 トンネル出口部には厚紙でワクを設けました。


橋梁を作ったときのネットシートを使って、このように貼りました。凹凸があるので1日固定します。


橋梁もこのような色に塗りました。当方エアガンなどはなく、時間のかかる筆塗りです。


ハンド作業の辛さを身に染みて感じました。早く便利ツールを揃えたいとこの時ばかりは思いつつも、そのうちにという繰り返しです‥。


つぎにダム擁壁の上の歩道に安全柵を設けます。0.5tプラバンでこのようなカタチのガードを作ってみました。かなり湾曲したクセがついています。


歩道部分に接着固定し、曲がりクセがでないように待ち針で留めています。


歩道の両側にガードを設けました。


正面から見ると遊歩道のイメージより"車道"のガイドレールみたいですね。色塗りを別途考えてみます。


敷設線路の両側も、山と同色に塗りました。今回はここまでです。次回はバラスト撒きや緑化作業です。