イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

大仏が鎮座する高徳院の製作

今回より鎌倉大仏のある高徳院の境内を作っていきます。


観光ガイドブックの図からわかるように、「仁王門」を入ると「拝観受付」があり、石畳を進むと階段を数段上がった先に大仏が鎮座して、その周囲をコの字型に回廊が大仏を囲んでいます。 まず大仏の座台を作りました。


65mmΦの円座をスチレンボードでつくり、周囲に切り込みを入れ、黒と茶のパステル粉でヨゴシました。また、円座を受ける輪を厚紙で作り、カッターで石組みの線を入れヨゴシました。座台全体の高さは22mmです。


大仏を乗せた状態です。


入口の「仁王門」から大仏が置かれた境内まで、まず その地形をスチレンボードで作っていきます。


高徳院境内の右側に「吉屋信子記念館」モジュールが並びますので、その合わせ部分をスタイロフォームで作っています。


大仏を囲む回廊の製作です。回廊の屋根はグリーンマックスの「瓦屋根」を使います。


カッティングして こんな感じです。


(ネットから転載)屋根を支える柱はかなり太いです。


竹ひごを使って22本の柱を用意しました。柱の“すわり”をよくするため、現地にはない柱の受け座を接着しています。

江ノ電の線路をつなぐ

「B地区」に敷かれた線路と、「C地区」の「釣り池」モジュール上に敷かれた線路をつなぐ作業に入ります。これがなかなか たいへんです。


左が「B地区」です。「C地区」のベースに「釣り池」モジュールを置いて、その間(170mm)に線路を作らねばなりません。 ベースからレール上までの高さは、「B地区」端で13mm、「釣り池」端で25mm。高低差12mmです。つまり勾配は7%です。ただし両端のつなぎ目は、急こう配の立ち上がり(下がり)を避けたいので、中央部分の勾配は8~9%。これでは車両が上り切れないのではと心配ですが、運転確認より今はレイアウトをまず完成しなければ始まらないので、線路の敷設、「高徳院(大仏)」、海岸線まわり、の順で進めます。


レールをかなり曲げるため、しっかり固定する必要があり、道床に板を使います。しかもカントをつけるため、写真のように4分割しました。
します。


厚紙やスチレンボードなどをはさんで高さ調整しました。


クギとタッピングネジを使って固定し、両側を並べるとこのようになりました。


真上から見ると、両端のつなぎ目が直線的でなく、製作のむずかしさを痛感しました。カントもわずかしかとれませんでした。


枕木を茶色に塗り、バラストを撒きました。


つぎに レールに電気を流すフィーダーの工事です。KATOの「フィーダー線路」を挿入する位置が終端になることを嫌い、全体の中央に近いトンネル内に 直接、レールにハンダ付けしてみました。


リード線を後方に出しています。
つぎの工程は「C地区」のメイン、大仏の設置関連です。

久しぶりの東京へ

1年ぶりに東京へ行ってきました。今回の目的は、いとこ との再会、スカイツリー、実弟の「版画展」見学です。2日間とも晴天に恵まれ、足が棒になるくらい歩き、新しい人との接触や 初めて見る光景に感動し、本当に満足の一人旅でした。時系列で書きます。


いとこ に会うのが夕方だったので、それまでの時間を墓参りに当てていました。千葉県松戸の「八柱霊園」に向かう車窓から江戸川を撮った1枚です。私の実家(もうありませんが)は高いビルの方向あたりでした。奥に常磐線の鉄橋、ちょうど中央に「三角帽子の取水塔」と「矢切の渡し」の桟橋の茂みが見えました。去年の夏、“取材” で訪れた場所です。秋晴れの空と川面がすがすがしかったです。


「八柱霊園」は東京都が管理する 東京ドーム20個分というとてつもない広大な霊園です。


いきなり名画が出てきてビックリされたと思いますが、墓参りを終えて いとこ に会う前に、彼の家の近くの東京電機大学のキャンパスをぶらついていたら、建物内の一角に「電大ギャラリー」会場を見つけ、名画を堪能しました。


もちろん本物ではなく、有名な「オルセー美術館」と共同制作された画像処理技術を使った“複製アート”だったんです。畳1帖ほどもある原寸の迫力ある作品に圧倒されました。
会場は写真撮影もOKで撮りまくりました。


もうひとつ興味を持ったのは、同じ会場で展示されていた立体画像処理研究です。1枚の絵さえあれば、手前の人の顔と奥にいる人の顔の大きさを認識して 立体的見えるように加工する技術で、説明員の方の話に聞き入りました。


翌日は 初めてのスカイツリーを見学。


まだ9時過ぎだというのに周囲は人で溢れかえっていました。いやー、何時間待ちになるのか‥。 恐る恐る 並んでいる人に尋ねたら、人気キャラクターのカード?の購入の列だったことが判明! ホッとしました。


スカイツリーの発券売り場はご覧の通りスカスカでした。


350mの展望デッキの中も、ほどよい客でした。この上の天望回廊(450m)に上がるには更に2000円必要です、100m上がるだけなのに。もちろん止めました。


この日も快晴だったのですが、遠くは モヤっており 富士山は見えなかったです。


床のガラス板に立つと やっぱりすくみます。大阪には「あべのハルカス」という高層ビル(300m)がありますが、全く同じ感覚です。
このあと、浅草寺に向かいました。歩いて30分くらいです。


浅草寺に行く途中、おもしろい建物を見つけました。周囲は小さな公園で、奥は駐車場です。舟の先端を模していて 思わずパチリ。鼻の部分を上ると、横からコロコロ滑り台が出ていて奥の方に下っています。


浅草寺の雷門に着きました。浅草は小学校前(4~5歳のころ)、親、祖父らと来たのが始めです。その後数回ありますが、今回 何10年ぶりかです。約8割が外人でした。


仲見世も相変わらずの人です。


仲見世のウラが気になり‥、案の定こんな感じでした。


本殿もご覧のようなにぎわいです。


お参りしたあと、徒歩5分で「花やしき」にも行ってみました。いわゆる“日本で最初の遊園地” です。 親に連れられて入って遊びました。当時、戦後の空気がまだまだ残っていたころです。「花やしき」のまわりにはストリップ小屋もあり、「おまえはここには入れないんだよ」と母に言われ、祖父だけ入っていった不思議な感覚がありました。


「花やしき」の入口から覗いてみると、小さな園内に昔ながらの遊具が所狭しとあり、昭和そのものでした。


さて、さいたま新都心で開催中の実弟の版画展の会場についたのは午後2時ころ。


喫茶店の奥がギャラリーになっていて、弟は何回となくこの会場で個展を開いています。


開催を知らせるはがきが届いて、版画集の発行が80号に達した記念展ということで、今回東京行きを計画した次第です。


中央が弟です。手前が並んだ版画集です。第1号は1987年、「隅田河岸」~5歳までの浅草界隈の思い出と冬の北海道~がサブタイトルです。毎年3回ほど発行して こちらにも送ってくれていました。


会場はけっこうなお客さんで、本人も楽し気に話して 彼なりの長い版画と人との付き合いを感じました。弟の版画も私のジオラマも "風景"を基調にしており、一度 同会場で兄弟のコラボ展をしたら?と盛り上がりましたが、私のは芸術性はなく、でも会場のアクセントになるならと、まんざらでもない自分がいました。


帰りに、お客さんの一人に 大宮の「鉄道博物館」に寄ったら?大ジオラマがあるよ、と勧められましたが、19:20発の伊丹空港行きの関係で断念。いい2日間でした。