イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

成就院の製作と配置

いよいよ盆に入りました。きょう夕方から当ファミリー11人が、盆供養というより焼き肉パーティーが本命で集まりました。ま いいか、若いヤツラに任せよう。年寄りは元気な姿が見れればいい‥。
さて、成就院をつくって手前の小山に設置します。


(ネットから)実際の成就院は「極楽坂切通し」の横の階段を上がった先にあります。


(ネットから)階段を登り切るとこのような山門があり、すぐ奥に本殿が控えています。山門は極楽寺ほどの重荘感はありませんが、こじんまりまとまったお寺です。


(ネットから)このお寺の特徴は、由比ガ浜を見下ろす下り階段にあじさいが群生していることです。階段の数も煩悩と同じ108個あるとのこと。


さんけい(株)のペーパークラフト「薬医門」を山門に使うことにしました。


大きめの名板をつけて、寺院の山門の出来上がりです。


うしろから見た「山門」です。観音開きの門扉が開かれた状態になっていて、ペーパークラフトとはいえ 厚みを確保するのに3枚重ねしたり、3次元構造を平面図に展開する設計者のレベルの高さに感心しています。
山門の奥にある本殿は設置スペースも限られており、自作することにしました。


山門と本殿を設置する山頂のスペースは60mm四方しかありません。手前に国道が通るので、巾のない きつい山容になっています。


(ネットから)本殿の正面です。例によってペーパークラフトの端材でつくります。


あまり手もかけられず、こんな感じになりました。正面は配置的にはブラインドになるのでシンプルに。屋根も本当に適当です。


こちらが裏面です。この面が常時見る方向です。(端材を使った証拠が写真に写ってしまいました。左下の「2」です。この面を内側に組み立てるハズが‥)


2つの建物を並べてます。山門のキメの細かさは一目瞭然!


実際に頂上に置いてみると、屋根の間にスキマはとれず、今にも崖から落ちそうで、果たして違和感なく完成するのか不安だらけです。本殿の大きさを製作前に検討したのですが、これ以上小さくすると山門とのバランスがとれず、建物周辺の木々を工夫してなんとかしないと、という段階です。

上から見た状態です。山門から両側に伸びたスロープは階段用です。右側の階段を下りた先は道路(うす緑の部分)に接しています。


つぎに道路を2本 色塗りしました。手前の国道と奥の駅前道路です。


山門を接着固定して、階段づくりです。バルサ材で計69段になりました。108にはだいぶ不足ですが‥。


階段をさっそく色塗り。階段付近の山肌もパステルで下塗りしました。

フォトブックが評判に

先日、「手話サークルの40周年イベント」で撮った写真をフォトブック(写真アルバム)として製作し、参加者に紹介したところ、ぜひほしいとの声が多く、その反響にびっくりしています。元々、記念の記録として写真集を残したいと思っていたので、サークルに1つ、私個人用に1つ、計2冊のはずでした。が、今では25冊になりました。今回はこのお話です。

私がよく利用しているのが、「しまうまプリント」のサイトです。半年前に友人ら4人で城崎旅行した時に初めて作って、その出来栄えと低価格に魅了されて、今回のイベントの記録としてもぜひ作りたいと思っていました。写真にある2冊とも48ページで498円です(税、送料別)。写真を数10枚もプリントするのであれば絶対フォトブックにまとめたほうがいいです。


何冊注文しても1回の送料は90円。こんなカタチで郵送(ポストに)されてきます。


1ページ目にタイトルが入っています。


2ページ目から、ページごとにレイアウトを自由に選択できます。写真形式(JPEGなど)のファイルならドラッグして載せられます。エクセルデータもパソコン内の「ペイント」に貼り付けてJPEGにしたらOKです。


このページもエクセルで作ったのを載せてます。


ページレイアウトは10種類くらいあり、文字入りも数種類のレイアウトが用意されています。


見開きページもできます。


もちろん、オーソドックスな配置もできます。


最後のページに奥付が付き、背表紙もタイトルが入ります。
旅行やイベントなど、まとまった写真として残すにはとてもいいと思いますよ。

手前の小山

極楽寺駅から橋に向かう坂道ができて、つぎは手前の小山を作ります。この小山には成就院を置く予定です。


スタイロフォームを切り貼りして小山の大まかな形状を作ります。山の上に成就院を置くので山頂を平坦に、また海岸道路も迫っているので、かなり細長い形状になります。


概略の形状はこうなりました。


カッターで山容を整えていきます。地形をつくるときはこんな切りクズが当然のことながら発生。


これは反対側(北側)から見たところです。成就院に上がる階段、降りる階段のためのスロープも入れています。


ギャップの大きいところは紙粘土で埋めています。


山容全体をアクリルガッシュ棕櫚色(しゅろいろ)で塗りました。下塗り地肌はいつもこの色にしています。