イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

イチゴ(4月②:収穫直前まできました)

イチゴの収穫がいよいよカウントダウンになってきました。1年間世話したご褒美はいつもゴールデンウイークあたりにやってきます。今年はあと4~5日くらいです。
収穫前の最後の仕事は、ランナーと旧葉の除去です。


ニョキニョキ っと伸びているランナーは、子孫を増やすために新天地を探して子株を根付かせるためのものですが、この時期は不要なので元からカットします。


もう一つの作業は、冬のあいだ じっと耐えてきた根元にある旧葉はその役目を終えるので、引っ張ると根元からはがれる葉は除去します。風通しをよくします。旧葉に比べ、上方に立っている新葉の色が実に新鮮で、きょうの快晴の日によく映えます。


きょうの作業の結果です。


色づく前のイチゴです。この株はゴールデンウイークに入ったら収穫できそう‥。


こちらの株はその前に採れそうです。約1カ月にわたって順次楽しめます。
今年も、うまくできるか不安でしたが、何とか孫にもメンツがたつと胸をなでおろしています。


今年は5畝 約100株です。色づき始めると野鳥、カラスが気が付き、虎視眈々とねらっています。あしたはさっそく支柱を立てて防鳥ネットを張ります。5畝の向こう側に支柱で囲まれたところが見えると思いますが、このエリアは去年イチゴを収穫した場所です。毎年、交互に使っています。

江戸川の水面と取水塔通路

江戸川にかかる鉄橋を両端で受ける土手は、前述しましたように かさ上げしてまとめました。その様子が次の写真です。

これは東岸(東京都側)の土手受け部分です。これ以上写真の左側に発展することはないので、短いレールを置きました。


これは西岸(千葉県側)の土手受け部分です。写真の右方向にはB地区(畑エリア)の製作につなげていきますので、まだレールは敷いておりません。


さて、つぎは 江戸川の水面づくりです。水面をまず着色しました。


川幅の中央付近を濃い青に、岸辺にいくほど薄い青にアクリルガッシュ塗装しました。多少雑でも この上に ‟なみいたくん” を敷くので、この程度でOKです。


なみいたくん を寸法切りして水面に敷き、橋を置いた状態です。水面のヒダヒダが微妙に出ていて、私の製作レベル的にはこれで良しです。


つぎに、取水塔の通路を作ります。現地の写真などを参考に進めます。

①通路の手すりですが、写真のような形の持ち合わせがなく 半透明の樹脂シートで代用。
②通路中央にある2本の夜光灯は、裁縫の待ち針を使う。
③通路を支える橋脚は つまようじ2本を使う。
としました。


①の手すりです。手すりの上、下に細い帯(紙)を貼り付けてメリハリをつけました。
②の夜光灯の 待ち針です。ピンク色しかありませんでした。
通路の入口は関係者以外立ち入り禁止ですので、仕切る必要があります。備品入れで見つけた「リヤカー」(紙をレーザーカットしたもの)のワク部分を使いました。


以前、娘からもらった「建築模型用添景セット」も使ってみよう(上の写真)。
①の手すりの壁部分に動物たちを貼ってみようと、遊び心が出てきました。


こうしてできあがった通路がこの写真です。待ち針の電球カバーがちょっと大きいが‥。
動物たちは、あひる、さかな、りす です。結果的にあまり ‟フィット” してないな!


取水塔と通路を本体に取りつけました。水面のさざ波が立つ様子が心地いいです。


ジオラマ全体の写真です。


反対側からのジオラマ全景です。


バックに背景写真を立てて、鉄橋下からのアングルで撮ってみました。
次回からは、矢切の渡しの渡し場周辺を作ります。

イチゴ(4月:グングン成長、花ざかり)

桜が花吹雪となって畑に舞っています‥。いよいよ春本番を迎え、イチゴもグングン葉を伸ばし、花もどんどん開花。こういう姿を見るとたまりません。あと10日ぐらいで赤い実がポツリ ポツリと見られるようになると、5畝全体のネット張りが待ってます。


前回も記述しましたが、花弁の中を筆でまんべんなくなでる(人口受粉)と 形のいい実ができる、という本の文章がやっぱり気になり、やり始めましたが1畝終わったところでギブアップ。手間がかかりすぎるし、今までやっていなかったけれど そこそこの形だったので、この作業はパスすることにしました。畝と畝のあいだに、桜の花びらが散っているのがわかります。
赤い実が見つかる前までに、ネット張りの支柱を立てていきます。


畑のとなりにある桜です。この写真は私の畑の反対側から撮ったもので、こちら側からの方が桜全体がきれいに撮れます。高さ20mくらいはあります。畑から見上げるよりも距離を置いてみた方が、青空にデンと構える壮観な姿がわかります。


畑に戻って、ソラマメです。去年はイタチかアライグマにやられて全滅でした。1割ほど採ったあと2回目の収穫に行って我が目を疑いました。全く実がなくなっていて、下に食い散らかした皮が無残にも足の踏み場もないほど散らばっていました。今年は早めに対策しよう‥。今 花が咲いていて、収穫まで2週間くらい先です。


家族みんなが好きなスナックエンドウです。風にあおられて支柱が30度傾いていたのを直したところです。こちらも収穫まで2週間ほどかな?


シュンギクです。去年の9~10月に種植えして、冬場の収穫期を終え、ほっておいたら春先からまた育ってきて、レジ袋3つに採れるだけ採って、そのあと全部抜きました。次の野菜の畝づくりのために。