イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

トンネルのある山の製作③

トンネルのある山の製作も3回目で、最後にします。切通し道路にガードレールを付けることと、足りない木々を追加植樹することです。


まず、竹ひごをカットしてポールを立てました。「B地区」の時ともちろん同じやり方です。道路の勾配がきついですが、道路の面に直角に立てるのではなく 垂直にするのが自然ですね。

「B地区」からのガードレールとの位置関係を確認しつつ、レールを付けました。左端のエッジ部分は例によって多少の折り返しをつけています。この坂は真ん中から更に勾配がきつくなっているので、ガードレールは1本ものではうまくいかず、中央のポール部分で2本をつないでいます。


木を3本追加して地肌が見えなくなり、これで山の製作終了とします。


「B地区」と合体したところです。やはり一番気になるのは切通し道路の勾配です。3つの勾配が存在しています。「B地区」は12/100、山の断面部分は21/100、つづいて28/100です。実際にはありえない勾配で、これもトンネルの上に道路を走らせるための苦肉の策、と言い切ってしまうところが我ながら怖い性格です。


ところで、2日前の「大阪北部地震」ですが、ここ箕面も震度6弱で、危うくこのジオラマがペシャンコになるところでした。実はこの日、私は亀岡のゴルフ場にいて スタート直前に激震を受けました。12名のコンペもハーフで中止となり、渋滞にあいながらも帰宅して、娘からの話にビックリしました。


写真は、私の机の後ろにある書棚です。蝶番のとびら(写真の左部分)が開いて本が飛び出したのです。新聞紙のふくらんだところに「B地区」があって難を逃れたのですが、つい3日前まではその左(とびらの直下)に「B地区」を置いていました。なんという幸運! 神もジオラマ製作を応援してくれている‥と感じた日になりました。

トンネルのある山の製作②

山に植樹します。ロールケーキみたいな山容になってしまいましたが、植樹することで自然なカタチになることを願っています。いつもの方法で木を一本一本つくり、植えます。


箱に入っているのは、幹・枝を作ってあったものにライケンを付着した6本です。白紙に乗っているのは、新たに幹・枝を12本つくったものです。


ライケンの上にスプレー糊をかけてパウダー3種類をふりかけました。


新規に作った木にはフォーリッジを付着しました。この上にもパウダーを適当に撒きます。

「B地区」を横に並べた状態です。このハゲ山を「B地区」と連続性のある小山にしていきます。

モジュール間の隙間は木立で隠されるので、植樹した結果で考えます。


とりあえず奥から植えていきました。


一応、準備した木々を全部植えました。まだ足りません。追って対応します。


切通しの方向から見ても、木々の連続性は保たれたと思います。しかし、切通しの断面にモジュールの間の隙間があって かなり目立ちます。


この部分をフォーリッジでカバーします。


モジュール同士が接着しないように気をつけながら、左右の山肌にフォーリッジを付けて隙間が隠れるように、けっこう強引に付けました。

トンネルのある山の製作

トンネルのある山の製作です。30mm厚のスタイロフォームを3つ重ねて山を作ります。カッターナイフで形を整えていくやり方は変わりません。


3層目(かまぼこの形)を乗せて山の全体像が見えてきました。


水平方向から見た山です。トンネルの高さは44mmです。


トンネルに入る部分には橋が架かります。橋の土台を5tスチレンボードで架けました。黄緑のL字の厚紙は、切通しの坂を上がって橋を渡る道路です。


しっかり接着して地元の道路完成。


切通しの断面に、2層目と3層目のスジがはっきり出ていたので、紙粘土で修復しました。

山全体を茶色で下塗りしました。


切通しの断面にヨゴシを入れてみたら、紙粘土の一部(白)が現れてしまい、のちほどフォーリッジなどで修復の予定。


次に、橋を渡った道路の横の山肌を津川洋行製石積みシートで覆いました。最近よく使っています。あまりの便利さに負けてしまっています‥。


道路を“舗装”しました。


山肌全体を草色パウダーで部分部分にふりかけました。


切通しの断面も修復を兼ねてフォーリッジとパウダーで整えました。このあと植林します。かなりの木々が必要です。