イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

作品が帰ってきました

箕面市民展が終わり、出品した作品が きのう帰ってきました。会期中、友人・知人のみなさまから多くの温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。ブログをご愛読されている方(Lさん)からのストレートなコメントもとても嬉しかったです。みなさまからの声が次回に向けての大きな励みになりました。


展示された方向とは反対側から撮った全体写真です。
出品前は非常にバタバタしていたので、以下もう一度 じっくり撮ってみました。


私も市民展3日目に行きましたが、文学碑のたたずまいに凛(りん)とした雰囲気が出ている感じがしました。文学碑の文字はパソコンで作り、縮小して貼り付けたという説明を、見ていただいた方々によくしました。


文学碑の解説ボードもその脇に立っていたのですが、話題性はなかったみたいです。


夕映え写真を背景にして 東京側を見たものです。実際はこの方角に陽が沈むことはなく、東京の街並みが広がっていないといけませんが、撮影的にはなんでもありです。夕方だというのに 渡し舟にはまだお客さんがいたり、矛盾だらけですが‥。


丘の上の広場に立って 木々のスキマから見ると、とんがり帽子と気動車が見えました。この構図、気に入りました、レトロ的で(自己満足)。 でもこの写真も矛盾ありです。というのは‥‥
市民展にも来ていただいたLさんは、「キハ20(気動車)と架線柱は合わないけれど、全体として車両の色がマッチしていてOKですよ」とコメントされ、一瞬ドキッとしましたが、車両の型式など細かく観察されておられることに感謝感謝です。


私はレイアウト派なので、このキハ20が昭和の前半 1000台以上生産されて全国を走っていた、と調べてわかりました。
農具小屋の上を通過するキハ20を下から目線で撮りました。


また、桜並木も入れて撮ってみました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。