イノッチの鉄道模型ブログ

日常生活の中のトピックスを気ままに書きます。鉄道模型製作や畑作業が中心です。
これまで製作した鉄道模型作品は、ホームページ「イノッチの鉄道模型」inoyoshio.jimdo.comに載せていますので、こちらもよかったらみてください。

第3ステージ「C地区」へ

箕面市民展は開催中ですが、気持ちは「C地区」の方に向いています。ここでの “売り” は「鎌倉大仏」です。既モジュール「釣り池」を含め、具体的にどのように細部をレイアウトしていくか 楽しく考えながら進めていきます。



(既載)年初の案通り、大仏が鎮座する高徳院を「C地区」の左上に配置し、モジュール「釣り池」を右下に、南側に海岸線を入れていきます。


「C地区」全体のベースを、5tスチレンボードで400X450mmに採り、モジュール「釣り池」を置いてみました。ここでまず問題なのは、バラストの色が灰色です。A、B地区ではバラスト色が薄茶のため、ここも合わせる必要があります。


近くで見ると、KATOの線路、脇の小石とも灰色がわかります。


まず枕木の間を埋めるように薄茶のバラストを撒き、ボンド水溶液を垂らして固定。


つぎに、線路沿いの 小石を撒いたエリアを草食マットで覆い、境目を同色パウダーを撒いて つなぎ目をカバーしました。これで下地の灰色が消えました。


線路側と釣り池側を接着して1つのモジュールとしました。


「C地区」の北側に配置する建物を、左に大仏、右に「吉屋信子記念館」にします。大仏は以前、oomoriさんの助言でネットで取り寄せました。右の記念館は自作しました。


まず大仏ですが、高さ67mm、重さ150g、クロムメッキの鋳物で、なかなか重量感があります。鎌倉大仏の実際の高さは本体11m、台座2.4m、全体で13.4mなので、台座を22mmでつくると高さピッタリです。ネット購入の際、大・中・小の中を選択。便利な世の中です。oomoriさん ありがとうございました。


4年前、大学の友人夫妻と地元を案内してもらったルートをヒントに 今年のテーマを決めましたが、大仏を見学したあと「吉屋信子記念館」にも行きました。


(ネットから写真引用)吉屋信子は昭和を代表する小説家で、文学の苦手な私は友人や奥さんの説明にただうなずくだけでした。ジオラマ製作上、「C地区」の右上にこの記念館を配置しても、現地の位置関係と矛盾ないので決めました。さっそく写真と記憶を頼りに、ペーパークラフトしました。作りやすさ優先で、実際とだいぶ違ったものになりましたが‥。


材料は、例によって(株)さんけいの残材です。まず屋根をつくり、つぎに南側です。障子戸も白紙に線を入れて‥


こんな感じになりました。


右側面に入口を設け、背面、左側面は板だけで済ませます。


組み立てて 屋根を緑系で塗り、ヨゴシを入れました。屋根がかなり小さく見えます。もう修正不可能で このままとします。


正面から見ると ”いびつ” なのが丸見えです。これが私の限度ですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。